奈良 大和高田市 矯正歯科 歯科医院 歯医者 ふかみ歯科

奈良矯正歯科 ふかみ歯科 矯正科クリニック

歯科コラム

転けて歯が抜けたらどうするべきか

2019.9.15 歯科コラム

お口の周りに怪我をする原因の一位は転倒、二位は交通事故、三位はスポーツです。最近の子供は転んだ時に手が出ず、顔を直接ぶつけることが多くなっていると言われています。ではその際に歯が抜けてしまったら、どうするのが一番良いのでしょうか?   歯が抜けた時の対処法   転倒などで歯が抜けた場合、抜けてからの時間が短ければ歯はちゃんとくっつきます。出来るだけ早く、以下の対応をとることをおす...

最新の虫歯事情

2019.8.30 予防歯科

 社会全体として虫歯予納に対する意識が向上し、一人の子供がもつ虫歯の本数は減少し、その程度も一昔前に比べて軽症化しています。  しかし、最近の調査では、全体として虫歯をもつ子供の割合が低下するなか、3歳から5歳にかけて、その割合が著しく増加している点が注目されています。  虫歯をもつ子供の割合をみてみますと、平成11年は、3歳児36.4%、5歳児64%、平成17年は、3歳児24.4%、5歳児6...

ヨーグルトの効果

2019.8.20 歯科コラム

【ヨーグルト効果って?】 ヨーグルトは牛乳に「乳酸菌」を加えて発酵させて作っている食品です。 効果としては腸内環境をよくすることが有名、この腸内環境を整える事により 便秘・アトピー・花粉症などの症状・インフルエンザ予防・美容などに効果的と言われています。 ☆このようなヨーグルト効果は乳酸菌によってもたらされていることがわかります。   【健康面での期待できる効果】 ・便秘予...

神経を取った歯が弱いって本当?

2019.8.15 歯科コラム

皆さんの中には、虫歯などで神経を取る治療や神経を取らずとも歯を大きく削って被せにした方もいると思います。虫歯になり殺菌に汚染された神経や歯をきれいに取り除くことは、抜歯せず歯を残すためにはどうしても必要な治療になってきます。   神経をとると歯が弱るメカニズム 治療のあとがないきれいな歯は、よほどのことがない限り割れることはありません。神経をとってしまうと、その神経に血管も含ま...

8020運動を達成しよう

2019.8.10 歯科コラム

8020運動とは、1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会が推奨している80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。20本以上歯があれば、ほとんどの食事が不自由なく食べる事ができると言われています。   厚生労働省により5年に1度、歯の実態調査が行われています。H28年度の結果は、8020達成者率が51.2%に増加し、健康日本21では8020達成者率を平成34年にお...

虫歯になりやすい人となりにくい人の違い

2019.7.30 歯科コラム

毎日しっかりと歯磨きしていても、虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。その違いは何なのでしょうか?   虫歯が発生する原因   生活や食事の習慣 →間食が多い、食事の時間が一定ではない、寝る前に飲食する 不規則な生活をすると虫歯になりやすくなります。また、糖分の多い食事や、歯に引っ付くものを好む方も注意が必要です。   唾液の分...

喉や口の中が苦い!?

2019.7.20 歯科コラム

~喉や口の中に苦味を感じる原因~   【味の感じ方とは?】 舌の表面にある茸状乳頭と呼ばれる、ざらざらした小さな突起の中に存在する 「味蕾」という器官で味を感じる。   【原因と対策・・・歯や口にある場合、食道や胃腸などにある場合】 (口腔乾燥) ・ 原因→ 喫煙やストレスなどで唾液が減少し、細菌が繁殖しやすくなり苦みを感じる   ・ 対策→禁煙や...

虫歯を防ぐガムの食べ方

2019.7.15 予防歯科

最近では、糖質を含まないガムが市販されるようになり、そのガムを噛むことで虫歯や歯周病の助けになるとされています。そんなガムを活用してお口の健康に役立ててみませんか?   糖類を含まないガムを選ぼう 成分分析表を見た時に糖類が0gのものがおすすめです。 ガムの甘味料として含まれる糖アルコール(キシリトール、マルチトール、エリスリトールなど)、パラチノースやアスパルテームなど...

清涼飲料水って??

2019.7.10 歯科コラム

清涼飲料水とは、乳製品やアルコール飲料以外のすべての飲み物の事で、コーラやジンジャーエールなどの炭酸飲料、果汁が含まれたジュース、紅茶やウーロンや緑茶、スポーツドリンクはもちろん、トマトジュースや豆乳、缶に入って売られているコーンポタージュなども、「清涼飲料水」になリます。 最近では透明なコーヒーやコーラ、水に味がついている物など様々ありますが、どのくらい砂糖が入っているのでしょうか。 ...

妊娠中の方へのアドバイス

2019.6.30 歯科コラム

女性は妊娠するとホルモンバランスが変化し、身体や精神面の変化が起こりやすく生活習慣や環境も変わります。妊娠中は、妊娠性歯肉炎や、それが重症化した妊娠性エプーリスといった病気になる可能性もありその病は早産や低体重児出産のリスクが高まると言われています。今日は妊娠中に起こるお口の変化や原因、それに対するアドバイスをご紹介します。 妊娠時の口の中の変化 炎症が起こりやすい 唾液の量...
1 / 1412345...10...最後 »