奈良 大和高田市 矯正歯科 歯科医院 歯医者 ふかみ歯科

奈良矯正歯科 ふかみ歯科 矯正科クリニック

片方噛み(偏咀嚼)を続けると…

2019.6.10 歯科コラム

人間の体は左右対称ですがその機能には差があり、「右利き」「左利き」というように左右どちらかが優位に働きます。噛むという行為も同様で、食事の際に噛む回数は右と左で異なり、より多く噛む側が「利きアゴ」になります。ただこの噛む回数が左右で極端に異なり、常にどちらか一方でしか噛まないという場合、これを「偏咀嚼(へんそしゃく)」と呼び、口腔悪習癖の1つです。 偏咀嚼を続けていると、噛んでいる側の顎や、...

歯並びが良いと何が良い?

2019.4.10 歯科コラム

みなさんはご自身の歯並びを気にされたことはありますか?きれいに整った歯並びの人を見かけると、健康的で若々しい印象を受けますよね。今回は歯並びに付いてご紹介します。   歯並びは印象が変わる重要なポイント 2010年に行われた調査で「異性を見た時に“整った顔立ち”と“すてきな笑顔”のどちらに魅力を感じますか?」といった質問をしたところ、実に68%の人が“すてきな笑顔”と回答したそ...

姿勢が良いと上手に噛める?

2019.1.30 歯科コラム

みなさんは正しい姿勢で食事をしていますか?実は正しい姿勢は食事のマナーだけでなく、噛む力にも影響を与えるのです。   噛む力に関係する姿勢 「噛む」という行為は想像以上に力を必要とします。つまり、正しい姿勢で食事をしないと力をうまく使うことができないため、噛む力が弱くなってしまいます。すると、胃腸に負担がかかってしまったり、子供であればアゴが十分に発達せずに歯並びが悪くなってしまうこともあり...

お口ポカーンは早めに改善を!

2018.1.10 歯科コラム

昔は、虫歯治療のために歯医者に通う子どもさんがほとんどでしたが、最近では口腔衛生環境の向上、歯科医療の発展により虫歯は軽減しています。 しかしその一方で、歯列不正や口呼吸、睡眠時無呼吸症などこれまでにみられなかった問題が子ども達の間で増えてます。 歯の大きさ自体は戦前に比べ母体の栄養状態が良くなり大きくなりましたが、逆に噛む回数が減って顎の発育不全により歯の生えるスペースが足りなくなり...

綺麗な歯並びの秘訣は!!!!

2017.5.10 矯正

不正咬合とは、その人にとって正常でない噛み合わせのことです。見た目が気になる、食事の際など日常生活に支障をきたすなど様々な方がいられます。 なぜ歯列が乱れていくのか、、、 それは乳幼児期の成長発育時に影響があると言われており、原因として大きく4つに分けられます。   ☛歯列の成長過程      乳歯列期:2~6歳頃 乳歯が萌える時期 第一大臼歯萌出...