食べ物が変われば、口が変わる⑥

“噛めない子”・“噛まない子”

 

“噛めない子“とは、虫歯で噛めない場合や、障害や離乳食の進め方が原因で口の機能が十分発達していない。

“噛まない子”とは、噛む力があるのにも関わらず噛まない。

例えば、お母さんが「よく噛んで食べなさい!」と言い、

そのあとすぐに「早く食べなさい!」などと言います。これでは子供は混乱します。

あるいは、常に周りに食べも物があり、お腹をすかせた経験がなく、

食べることに対する欲求が低下していると考えられます。食べることが楽しくないのです。

これは現代の食環境が作り出した問題です。

1

 

子供達の生活について調べたところ、食べる意欲のある子はない子に比べ、

①積極的である

②休み時間はみんなと遊ぶ

③友達が多い

④健康である

⑤椅子に座る姿勢が良い

⑥規則を守る

⑦運動能力が高いなど、

全ての項目で好ましい傾向にありました。

一方、食べる意欲に乏しい子供には、さまざまな問題がみられました。

 

 

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。