歯石について知っていますか?

「定期的に歯石をとったほうがいいよ」と歯科医院でよく言われると思いますが、みなさんは歯石とは何か、なぜ取った方がいいのか、疑問に思ったことはありませんか?今日はその疑問について紹介します。

 

歯石ってなに?

1

歯石とは、食べかすが固まって出来ているのではなく、歯垢と呼ばれる菌の塊が少しずつ唾液の中のカルシウムなどのミネラル成分と結びついて、石のようになってしまっているものを言います。

 

なぜ取らないといけないのか?

歯石自体は石なので、有害なものではないですが、歯石には小さな穴があいており、細菌がそこをすみかにして繁殖し、毒素をだします。その毒素が歯茎を腫れさせたり、歯を支えている骨を溶かす歯周病の原因になったりします。

歯石は普通の歯磨きでは取ることはできないので、歯科医院で専用の機械を使って取らなければいけません。

 

歯石の予防方法は?

歯石になってしまっては自分では落とすことができなくなるので、その前に予防することが大切です。歯磨きをしっかり行い歯石の元となる歯垢を毎日取り除くことができれば予防することができます。

歯の裏側や奥歯の見えない部分など、自分ではどうしてもとりきれない歯垢がたまり、歯石になった場合は、歯科医院でプロに専用の機械で落としてもらうことも必要になってきます。

2 

 

歯石はそのもの自体には害はないですが、歯周病の原因となり、またその歯周病から合併症を起こすこともじゅうぶんあり得えます。これらのことから、定期的に歯科医院でクリーニングを行うことで、お口だけでなく全身の病気の予防を行うことができるといえます。心配だなぁ、自分の歯は大丈夫だろうか?と少しでも感じたあなた。一度、歯科医院で診てもらってはいかがでし

 

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。