歯ブラシの選び方

みなさんはどのような理由で歯ブラシを選んでいますか?かたさや大きさについて今日はご紹介します。

 

歯ブラシのかたさについて

歯ブラシは毛先がかたいほど、歯垢が落ちやすくなります。しかし、あまりにもかたすぎると歯と歯の間に入りにくかったり、歯や歯茎を痛めてしまいます。基本的には普通のかたさを選びましょう。また、歯茎が腫れている場合は、刺激を与えないようにやわらかめの歯ブラシがおすすめです。

3

 

  • かたさは基本は「ふつう」
  • 歯周病で歯茎が腫れている人は「やわらかめ」

まずはご相談ください。

 

大きさも重要

1

適切なかたさでも、しっかり歯に当たらないのでは意味がありません。

小さなお口に大きな歯ブラシでは、隅々まで磨くことはできません。反対に、大きなお口に小さなブラシでは、時間がかかり磨き残しの恐れもあります。

サイズも自分に合った物を選びましょう。

 

メインの歯ブラシが決まれば...

 

主に使用する歯ブラシが決まったら、さらにしっかり磨けるように様々な歯磨きツールを使ってみましょう。

例えば、歯の隅々を磨く小さな“ワンタフトブラシ”、歯と歯の隙間を磨く歯間ブラシ・フロスなど、磨きにくい所専用の道具があります。

自分に合った道具を選んで使いましょう。

歯ブラシ選びのポイントはいろいろあります。「この歯ブラシは自分に合っているのかな?」と疑問に思った時は、私たちが歯ブラシ選びのお手伝いをしますので、ぜひご相談ください。

2

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。