8020運動を達成しよう

8020運動とは、1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会が推奨している80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。20本以上歯があれば、ほとんどの食事が不自由なく食べる事ができると言われています。

1

 

厚生労働省により5年に1度、歯の実態調査が行われています。H28年度の結果は、8020達成者率が51.2%に増加し、健康日本21では8020達成者率を平成34年において50%にするという目標を掲げていましたが、その目標が達成され、同時に「8020健康長寿社会」(8020達成者が50%を超える状況)も実現しています。

 

いつまでも自分の歯で美味しく食事ができるように、今からしっかりケアを行っていきましょう。

 

家庭でできるセルフケアの代表といえば、歯ブラシによるブラッシングです。ほとんどの人が1日2回以上みがいているのですが、みがき残しが多いのが現実です。夜のハミガキはいつもより時間をかけて、ていねいに磨きましょう。

 

歯ブラシは古くなると機能が弱まり、同じ時間磨いていても、歯垢をしっかり落とせません。歯ブラシの交換時期は、磨き方や磨く回数によりさまざまですが、少なくとも1ヶ月を目安に新しいものと交換するようにしましょう。

 

歯ブラシと歯磨剤を使って、熟練者がていねいにブラッシングしても、歯垢の除去には限界があります。その理由は、歯と歯が接している面、歯と歯肉の境目、奥歯の噛み合う面にある溝の部分などには、毛先が届きにくいからです。そこでおすすめしたいのが歯間清掃用具の併用です。ブラッシングに加えて、フロスや歯間ブラシを使えば、お口の中の歯垢のほとんどを除去することができます。

 

後は食事に関して、最近噛まなくてよいやわらかいものばかりが好まれる傾向にあります。しかし、よく噛むことは全身にさまざまな効用をもたらします。噛みごたえのある食材を活用し、調理方法にも工夫をこらしたいもの。食事以外にはガムも噛むなど、普段から噛む習慣を身につけましょう。

ハミガキ

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。