電動歯ブラシについて

電動歯ブラシとは、ブラシの部分を振動や回転させるなどして歯を磨くための道具です。

手で磨くだけでは実現できない電波の振動によって、歯肉のマッサージができたり、振動による刺激で唾液が分泌され、それにともなって歯と歯の間にある歯垢(プラーク)を洗い流したりするなどの機能があります。また、手で磨くよりも短時間で歯をキレイにできるという特徴もあります。特に高齢の方など手の力が弱まった方や、利き手にマヒのある方には歯を磨きやすく便利です。

 

電動歯ブラシの種類2

⇒電動歯ブラシ

小型のモーターによる振動や回転で歯垢を除去する歯ブラシ。

振動数は毎分3000〜7000回と音波ブラシに比べると振動数は少ない。       手磨きをサポートする程度のため、手用歯ブラシと同様に手を動かす必要がある。

⇒音波ブラシ

リニアモーターによる高速振動や回転で歯垢を除去する歯ブラシ。

振動数は毎分20,000〜40,000回で音波を発することで高速の水流を作り出し、歯ブラシの毛先が届かない範囲まで汚れを除去できる。また、音波が口内の細菌に作用し、細菌同士のつながりを破壊する。

手用歯ブラシのように手を動かす必要はなく、ブラシを歯にあてて動かすだけでよい。

⇒超音波ブラシ

超音波によって歯垢を除去する歯ブラシ。

振動数は毎分1,200,000回以上で、歯と細菌のつながりを弱め、歯垢の一成分である不溶性グルカンを破壊することが音波ブラシとの違い。

微細な振動しかないので、手用ブラシの要領で手を動かす必要がある。また、ペースメーカーなどの誤作動を起こす可能性があるため、注意が必要。

 

電動ブラシは、パワーが強いので短い時間で爽快感が得られ、すっきりした感じになります。手磨きの場合は、自分で動かさなければいけないうえに、しっかり時間をかけないと爽快感を得られない。意外にも磨き方を知らずに使っている電動ブラシよりしっかり時間をかけて丁寧に磨けているケースが少なくないのです。

一方で、電動歯ブラシの正しい使い方を身につければ、手磨きでは磨きとれない場所の歯垢も剥がして取り除くことができます。

まず歯磨き剤です。電動歯ブラシを使う際は、普通の歯磨き粉を使うのは避けたほうが良いです。高速で振動するために、研磨剤が入っていると歯を削ってしまう危険性が高いのです。また、泡がたつ歯磨き剤は口の中が泡でいっぱいになってしまいますから、発泡剤も入っていない製品が望ましいです。つまり何もつけないで磨くか、研磨剤も発泡剤も入っていないジェルタイプの歯磨き剤がおすすめです。

間違いがちなのが、ブラシを強く歯に当てたり、手磨きのように動かしたりすることです。歯に当てたらゴシゴシ動かしたりせず、そのままゆっくり歯から歯へと移動させます。タバコやワインで歯が着色している人だと、きれいにしようと強く当てたくなるようですが、軽く当てるだけで十分な効果を得られます。あまり強く当てると、歯肉が圧迫されて知覚過敏の原因になることがあります。

1

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。