歯周病と糖尿病の関係性とは

世界中で急激に増加している糖尿病。2011年時点で世界の人口約70億人中、糖尿病と推定される人は約3億6600万人と言われています(国際糖尿病連合調べ)。

1

糖尿病とは、食べたものから分解された糖分が、体内に吸収されにくくなり、血液中に糖分が溜まってしまう状態(高血糖)が続く病気です。このような高血糖状態が続くと、心臓病、腎臓病、脳卒中、失明などの合併症を引き起こしてしまいます。実は、歯周病が糖尿病と深く関連する病気であるということがわかり、歯周病は「糖尿病の合併症」と言われるようになりました。

歯周病菌は内毒素を撒き散らす

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り血糖値に悪影響を及ぼします。血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。

TNF-αとは、歯周病菌により炎症性サイトカインの1つで、インスリンの働きを低下させる

 

歯周病で歯を失ってしまうと食べ物をよく噛むことができなくなり、軟らかいものばかりを食べがちです。それが食生活の偏りを招き、糖尿病の要因となります。
このように糖尿病があると歯周病になりやすいうえに悪化しやすく、また歯周病が悪化すると糖尿病をさらに悪化させるという負のスパイラルに陥ります。

この負のスパイラルを断ち切るには、糖尿病と歯周病をともに治療することが不可欠です。
歯周病をもつ糖尿病患者さんが歯周病の治療を受けたところ、血糖値が下がったという報告がいくつも出されています。歯周病の治療により、TNF-αの産生量が減り、血糖コントロールが好転するためと考えられています。
反対に、糖尿病の治療が歯周病にもよい影響を与えるという報告もあります。たとえば、歯周病の症状の1つに歯肉の出血がありますが、糖尿病の治療前には多くの部位で出血していたのが、治療半年後には出血部位が減ったと報告されています。

糖尿病患者さんに歯科受診を勧めましょう

歯周病は早期には自覚症状が現れにくく、気づかないうちに進行しやすいことから、“静かなる病”と言われます。
「歯は昔から丈夫で、今も歯周病なんか1本もないよ」
と言う糖尿病患者さんがいても、自分が気づかないうちに歯周病になっている可能性があるのです。歯肉の色の変化、腫れや出血といった症状のある糖尿病患者さんはもちろんのこと、

自覚症状のない患者さんにも、ぜひ歯科の受診を勧めましょう。

2

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。