虫歯を防ぐガムの食べ方

最近では、糖質を含まないガムが市販されるようになり、そのガムを噛むことで虫歯や歯周病の助けになるとされています。そんなガムを活用してお口の健康に役立ててみませんか?

 

糖類を含まないガムを選ぼう

1

成分分析表を見た時に糖類が0gのものがおすすめです。

ガムの甘味料として含まれる糖アルコール(キシリトール、マルチトール、エリスリトールなど)、パラチノースやアスパルテームなどは虫歯の原因となる酸を作る力が極めて低いとされているものですが、そのようなガムの中には、それらに加えて酸を作り出す力のある糖類も入っている場合があります。この場合は虫歯にもなりやすくなるので、糖類を含まないガムを選ぶように注意しましょう。

 

食事の後に五分以上ガムを噛もう

2

ガムを噛み続けることにより、唾液の量が増え、歯の洗浄作用や再石化作用(とけた歯をもう一度固める作用)が期待できます。

食後にガムを噛んだ後は、歯についた汚れを丁寧に落とすように歯磨きをしましょう。

 

ただ、ガムを噛むだけではお口の健康維持はできません。あくまで補助的な方法なので、しっかりと丁寧なブラッシングを行い、歯科医院での定期検診、定期的にプロフェッショナルケアを受けましょう。

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。