奈良 大和高田市 歯科 歯医者 矯正歯科 ふかみ歯科・矯正科クリニック

奈良矯正歯科センター併設 ふかみ歯科 矯正科クリニック

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントのメリット

インプラント治療のメリットとして、以下のような点が上げられます。

1.自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができる!

インプラント治療は天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。
自分の歯と同じように何でも噛め、食事などの不自由さから解放されるのです。
噛む力だけでいえば、総入れ歯の場合は健康な時の20%まで機能を回復できれば良いほうといわれています。
インプラント治療は歯だけでなく、失った歯根まで再生するわけですから、歯を失う前と同様に何でも噛めるようになります。

2.見た目が自分の歯と同じように、きれい!

見た目が自分の歯とほとんど同じようにキレイに仕上がり、審美的にも優れています。そのため前歯部にも対応できます。
歯は、1本失うだけでも審美性が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼしてしまいます。
従来の治療法である入れ歯では金具がみえてしまったり、審美性という観点からは多くは期待できませんでしたが、インプラントにおいてはそのような問題を解決することが出来ます。

3.周りの歯を傷つけない!(残っている歯を削らない)

インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療しますから、ブリッジのように両隣の健康な歯まで傷つけてしまうこともありません。
両隣の健康な歯まで削ってしまうと、その健康な歯までむし歯になってしまう可能性が高くなります。
また、入れ歯もクラスプ(歯に引っかける金)によって歯が抜ける方向に力がかかります。
インプラントは隣在歯に一切力がかからないので安心です。
健康な歯は、健康の歯のまま残したいという方にインプラントは最適な治療法です。

4.食事が楽しめる!

入れ歯では、横揺れしたり、噛んだときに沈んだりしますし、また味覚が低下したり、熱を感じづらくなってしまうため喉をやけどしてしまったりということもあります。
インプラント治療は、自分の歯とほとんど同じ状態になりますので、味覚が低下したり喉をやけどしてしまう心配はありません。

5.違和感がない!

インプラント治療は、人工歯根を完全に固定してしまう治療ですので、入れ歯があわず口の中が痛い、違和感があるということもありません。

6.話しやすい!

入れ歯などは、上あごを覆うことにより舌の動きが制限され、会話がしにくくなります。
歯根から再生するインプラント治療では、そのようなことはまずありません。

インプラントのデメリット

インプラント治療のデメリットとして、以下のような点が上げられます。

1.費用がかかる!

インプラント治療は、健康保険の適用外の治療ですので、全額自己負担です。
インプラント治療に必要とされる医療機器、材料なども高価なものが多いため、治療費も高額になってしまいます。
ただし、インプラント治療は高額治療と認められますので、医療費控除など、治療費を軽減する制度を利用できる場合があります。

2.時間がかかる!

インプラント治療には、厳密な検査・診断、それに伴う治療計画が必要不可欠です。
また、インプラントは埋入手術をしてから、完全に骨と結合するまでに2〜6ヶ月かかります。
その間じっくりと待たなくてはいけません。
しかし、最近では手術当日に歯を入れる方法があります。
さまざまな条件がありますので、詳しくは担当の歯科医師にご相談してみてください。

3.治療のできる人とできない人がいる!

糖尿病・心臓疾患・脳疾患・悪性腫瘍などの全身疾患の方、コントロールされていない循環器疾患などで、その病気の状態によって手術に危険をともなう恐れがあるときは治療ができないことがあります。
糖尿病の場合、細菌の浸入に対して抵抗力が落ちるため、治療後に歯周病になる確率が高くなりますが、糖のコントロールができていれば治療は可能です。
※主治医によく相談される事をお勧めいたします。

入れ歯やブリッジとどう違うの?

インプラント治療は、健康な歯を削りません。
インプラント治療は、健康な歯を削りません

「ブリッジ」を用いた従来の治療法は、歯を失った際に、周りの健康な歯を削りって、それを土台にして橋渡して補う方法です。
このように形成された支合歯は、ブリッジを保持する役目を果たしますが、削られた部分は元には戻りません。

「インプラント」の治療法では、インプラントが歯根の代わりとなり、人工歯冠の柱の役目を果たすので、周りの健康な歯を削る必要は一切ありません。

インプラントは、とっても長持ちします。
インプラントは、とっても長持ちします

ブリッジ」を用いた従来の治療法は、土台となる歯に大きな負担がかかります。
場合によっては折れてしまうこともあります。

また、ブリッジの土台の周辺はプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病の原因になります。
そのため、約半数のブリッジが10年以内に壊れてしまうといわれています。

「インプラント」の治療法では、土台がなく、周りの歯に負担をかけないので、心配も最小限です。
耐久性においてもインプラントはすぐれた性質をもっています。