奈良 大和高田市 歯科 歯医者 矯正歯科 ふかみ歯科・矯正科クリニック

奈良矯正歯科センター併設 ふかみ歯科 矯正科クリニック

子どもの虫歯治療

健康な大人の歯が生えるための虫歯治療

健康な大人の歯が生えるための虫歯治療

当院ではお子様にできるだけ痛みを与えない治療を目指しています。
乳歯の虫歯治療のポイントは、小学校高学年頃にはなくなる歯の治療です。
つまり、その時まで歯があるように治療をすることが大切です。(大人の歯が生える前に、子供の歯がなくなると、歯並びが悪くなります。)
当院では、お子様に痛みを与えないと共に、健康で良い位置に大人の歯を生えるようにするかということをに注意して、虫歯治療を行っています。

一般的な歯医者での虫歯治療は、大人と同じく虫歯を全て削り、銀の詰め物をします。
ですが、子供の歯は大人の歯と比べて、歯が柔らかく、神経まで近いので、子供の歯にできた虫歯を全部削ると、神経を触り痛くなります。
そして、痛みで暴れまくるため、途中で削るのを諦めてしまい虫歯を取り残します。
その後、その部分からまた虫歯が大きくなるです。痛みを与えて歯医者を嫌いにしたうえ、削っていない状態とさほど変わらない状態なのです。
また、しっかりと詰め物を歯につけるには、完璧に乾燥をさせなくてはいけません。お子様の場合、つばが多いので乾燥するのが本当に大変です。
こんな理由から、お子様の完全な治療はほぼうまくいかないのです。完全に治療を行うためには、治療中おとなしくしてもらうか、押さえつけて動けなくすることが必要なのです。
多くの一般の歯科医院の場合、無理な治療・無理やりの治療になりますが、これは歯科嫌いを作る原因です。

ふかみ歯科の画期的な虫歯治療

当院では、お子様が歯科嫌いにならないよう、お子様が楽しく歯医者に通ってもらえるような画期的な治療方法を提案しています。

ポイントは3つ

  • 歯を大きく削らない。
  • 虫歯菌を薬で減らして活動を抑える。
  • 虫歯菌の栄養を遮断するため穴を密封する。

ふかみ歯科の治療手順

  • 虫歯に虫歯の進行止めを塗る。
  • セメントが付くように、のりしろ部分の歯を一周削る。
  • 虫歯の穴を殺菌成分入りのセメントで密封する。
  • 3-4ヶ月毎にセメントが外れていないか確認し、欠けた所を修理する。

この方法なら、ほとんど痛みはありません。
また、虫歯の再発も一般的な治療より低く、治療費も安くなります。
さらに、定期検診をするので、他の虫歯の早期発見、予防もできます。
ここで重要なのは、“密封できているか”です。このチェックは非常に重要です!
そのための定期検診はどうしても欠かせません。

この治療法の欠点

残念ながら、どの治療法とも同じように、この画期的な治療にも欠点があります。

1.虫歯部分の歯が黒くなります

これは、殺菌成分である“銀”が薬の中に入っているためで、虫歯菌と反応すると銀製のアクセサリーのように、黒く変色します。

2.薬が合わない、効かない場合がある。

薬が使えない場合(アレルギー)や虫歯菌が大きくて薬が効かないことがあります。

子供の歯(乳歯)の大切な役割とは?

乳歯には食べ物を噛む機能以外に、もう1つ大切な働きがあります。
それは、続いて生える大人の歯(永久歯)が生え換わる場所の確保です。歯はかみ合わせのバランスをとるために、歯の位置が少しずつ動きます。
歯と歯の間に隙間があると、それを埋めるために横の歯が前方に移動します。虫歯や歯を抜いてしまい隙間ができると、後ろの歯が前に寄ってきて、永久歯の生える所が狭く、変な所から生えることになります。

そのため、乳歯は生え変わる永久歯が出てこれる隙間をキープしておく必要があるので、乳歯の大きさ、形は大切です。

ふかみ歯科ではこの治療方法を推薦するか?

子供の時の痛みの記憶が、大人になって変わらずに歯科嫌いになる人はたくさんいます。
大人と同じ虫歯治療が大変なのは、説明したと思いますが、つらい思いをしても、虫歯の再発も大変高く、時間もお金もかかるのです。そうすると、また治療しなくてはいけません。
これでは、お子様が歯科嫌いになってもしょうがないですね。

乳歯は抜けてしまう歯です。次の永久歯の白い歯がはえてきます。
大切なのは、その白い永久歯良い位置に生え、虫歯にならないことです。
虫歯を予防することを考えた場合、歯医者で定期的なチェックをすることは大変大切なことです。
子供の時期の虫歯の進行は早いため、痛くなくても歯医者に行くことは、歯磨き、甘いものを控えると共に虫歯予防になります。
そのため、歯医者は楽しい場所にしなければならないのです。そのため、お子様にとって負担になるような治療はしないようにしています。

小児歯科に関するコラム