奈良 大和高田市 矯正歯科 歯科医院 歯医者 ふかみ歯科

奈良矯正歯科 ふかみ歯科 矯正科クリニック

口腔内の“ネバつき”対策‼

2018.1.30 歯科コラム

*どうして口の中がネバつくの? 口内が乾燥する事により、唾液による洗浄、殺菌作用が衰え、雑菌が繁殖しやすくなる事が、ネバつきの原因とみられる。 ドライマウス…唾液が少なくなって口が乾く症状。 歯周病…歯磨きが上手くできておらずに、菌が付着している。 加齢…ホルモンの分泌の減少による唾液の減少。 食べカスの付着…口内に食べカスが残ると、雑菌の栄養になってしまう。 ...

歯の着色汚れとは?

2018.1.20 歯科コラム

〇着色の原因は? 1・色の濃い飲食物 歯の表面には目に見えない小さい溝がありその溝に色の濃い飲食物に含まれている、粒子の小さいタンニンやターメリックなどの色素がしみ込んでしまう。   2・タバコ タバコのヤニ(タール)によって歯が覆われてしまい、着色してしまう。   3・口内の乾燥 唾液の循環機能が衰えて、口の中に汚れが滞...

お口の中にもカビは生える?

2018.1.15 歯科コラム

カビって水回りや物だけに生えると思っていませんか?実は、お口の中にもカビは生えるのです。   カビの病気「口腔カンジダ症」   口の中のカビの病気でよく見られるのは“口腔カンジダ症”というもので、カビの一種である真菌とよばれる菌による感染症です。この菌はもともと口の中に存在している菌ですが、健康な人であればカンジダ症が発症することはほとんどありません。し...

お口ポカーンは早めに改善を!

2018.1.10 歯科コラム

昔は、虫歯治療のために歯医者に通う子どもさんがほとんどでしたが、最近では口腔衛生環境の向上、歯科医療の発展により虫歯は軽減しています。 しかしその一方で、歯列不正や口呼吸、睡眠時無呼吸症などこれまでにみられなかった問題が子ども達の間で増えてます。 歯の大きさ自体は戦前に比べ母体の栄養状態が良くなり大きくなりましたが、逆に噛む回数が減って顎の発育不全により歯の生えるスペースが足りなくなり...