奈良県の矯正歯科|大和高田市・香芝市・橿原市-ふかみ歯科

奈良矯正歯科センター併設 ふかみ歯科 矯正科クリニック

歯科コラム【小児歯科】

定期検診の大切さ

2016.9.30 小児歯科

    治療だけではなく予防で通う時代です   現在の歯科医療の考え方は治療から予防へと変わってきています。ムシ歯の治療や予防はもちろん、歯みがき指導や食事指導など、子どもの体と心の成長に合わせてお口の健康をサポートしてくれる頼もしい存在です。 歯科健診(定期健診) ...

歯のケガをしたら・・・

2016.9.30 小児歯科

もし歯のケガをしたら・・・ 歯や口をケガした時は、?見た目は問題なくても、見えない部分で大きな損傷を受けている場合があります。?また、歯が抜けた場合、抜けた歯が乾燥しないことが大事です。? できる限り早く歯科医院を受診して下さい。 受診までにできること 口内に飲み込みそうな物があれば取り除きましょう。 出血部位を軽く洗って、止血のためにガーゼ等で圧迫しておきます。 ...

おすすめ哺乳瓶

2016.9.30 小児歯科

ベビーが哺乳瓶をいやがるなら 哺乳瓶選び、そして哺乳瓶の乳首選び、迷いませんか? もし完全母乳で育てていても、赤ちゃんはいずれお乳以外の飲み物を口にするために、必ず哺乳瓶を必要とします。粉ミルクやお風呂上りの湯冷まし、そして果汁。ですが、特に母乳で育っているがゆえに、赤ちゃんが哺乳瓶の乳首を嫌がって飲まない、という悩みを抱えるお母さんもたくさんいます。 ドラッグストアやベビーケア用品...

乳児の虫歯予防

2016.9.30 小児歯科

  1才を過ぎたら、歯磨きより寝る前の断乳の努力に重点を! 1才児は、お母さんがどんなに頑張っても、なかなかうまく歯みがきできないケースが多いでしょう。だからといって、落ち込まなくても大丈夫! 1才代の虫歯は、歯みがきがヘタという問題以外に、ほとんどの場合、夜中の授乳が原因です。虫歯は口の中に糖が停滞している時間が長ければ長いほど、できやすくなります。また、寝ている...

指しゃぶりと歯並び

2016.9.30 小児歯科

  指しゃぶりや、おしゃぶりは、長い間やっていると歯並びが悪くなるって本当? 指しゃぶりやおしゃぶりを小さい頃からずっと続けていると、将来、歯並びが悪くなるという話を聞いた事があるのですが、本当ですか?   結論から言えば、その可能性は高いと言えます! 赤ちゃんの指しゃぶりは見ていて可愛らしいものですが、乳歯が生える頃になると、お母さんとし...

好き嫌いの原因も虫歯にあり?!

2016.9.30 小児歯科

   好き嫌いの原因も虫歯にあり!?改めて考えたい乳歯の大切さ むし歯でかめなくなると永久歯にも影響が… 乳歯がむし歯になると、食べ物がじょうずにかめなくなります。例えば冷たい生野菜やかたい肉類などがむし歯の穴や歯と歯の間にくいこんだりすると、その違和感から「食べにくいもの」「嫌い」と感じて偏食になってしまうことがあるのです。すると発育にもよくあ...

コーラは歯が溶ける!?

2016.9.30 小児歯科

    コーラは歯が溶ける!でもコーラだけじゃない! 「コーラを飲むと歯が溶ける」というのは本当でしょうか? というわけで本物の歯で実験をしてみました!  方法:人間の本物の歯(抜いた歯)を使用。 半分をロウソクのロウでコーティング!そのままコーラに浸けて置きました。 結果:溶けました!!! 2週間浸けたあと、ロウを取...

虫歯になりにくいおやつの与え方

2016.9.30 小児歯科

 1回の量を最初から決めましょう 子供は好きなものなら、お腹いっぱいになるまで欲しがります。好きだからとおやつを与え続けてしまうと、お腹いっぱいになるまで食べてしまいがちです。これでは、おやつのために3回の食事が食べられなくなってしまいます。おやつは1日に必要な栄養の1~2割以下に、甘いものは少なめに、1回に食べる量を保護者の方が決めてからあげるようにしましょう。 ...

キシリートールで虫歯予防

2016.9.30 小児歯科

キシリトールとは? 話題のキシリトールはなぜ虫歯を作らないのか? キシリトールは白樺やトウモロコシの芯などに含まれるキシラン・ヘミセルロースというものを原料にした甘味料です。 ムシ歯菌を弱らせ、歯を守ります! 虫歯菌は、砂糖や炭水化物をエサにムシ歯の原因である酸を作りますが、キシリトールでは酸を作れません。 さらに、キシリトールによりムシ歯の活動が弱まり、砂糖などの糖からも酸を作るこ...

フッ素とシーラントで虫歯予防

2016.9.30 小児歯科

フッ素とシーラントでムシ歯予防 フッ素の働きには大きく3つが知られています。  ...
1 / 212