奈良 大和高田市 矯正歯科 歯科医院 歯医者 ふかみ歯科

奈良矯正歯科センター併設 ふかみ歯科 矯正科クリニック

歯科コラム【小児歯科】

ダラダラ飲み・ダラダラ食べ

2016.8.30 小児歯科

 ダラダラ飲み・ダラダラ食べ  1才を過ぎたら、断乳の努力に重点を!  1才児は、お母さんがどんなに頑張っても、なかなかうまく歯みがきできないケースが多いでしょう。だからといって、落ち込まなくても大丈夫。1才代の虫歯は、歯みがきがヘタという問題以外に、ほとんどの場合、夜中の授乳が原因です。虫歯は口の中に糖が停滞している時間が長ければ長いほど、できやすくなります。また...

アトピーが治る

2016.8.30 小児歯科

    アトピーを治す食事療法          アトピーを治すなんて言うと何だか特別な食事かな?なんて思われてしまいそうですがアトピーでない人には普通の食事だと言われるかもしれません。 実はアトピーが治る食事とは、単に健康的な・すごく当たり前の食生活に戻す事です。ただ今は多くの人が肉類を食べすぎたり、高脂肪、高たんぱくに偏った食生活になり、そちらを「当たり前」と思...

その歯の痛みは身体からのサインです。

2016.8.28 予防歯科

 歯が痛くなって歯医者の予約をしたのに、予約日までに痛みが治まった・・・ 歯科で検査をしてもらったのに、原因が解らない・・・そんな歯の痛み実は、『ストレス』が原因かもしれません。 ストレス自体で歯が痛むことはほぼありません。でも、疲れがたまり、寝不足で体調が悪くなると身体の抵抗力が落ちてきます。身体の中で弱っている所が『痛み』や『腫れ』となって出て、身体が『そろそろ休養が必要ですよ!この...

夜の授乳で虫歯が心配

2016.8.25 予防歯科

 お母さんは、子供さんのお口の中の心配もしないといけないので大変。乳幼児を連れた患者さんから、よく質問されるのが、夜間授乳後の歯磨き。 お腹が満たされて、ウトウトし始めた赤ちゃんを起こして歯磨きをするのはなかなか大変。何とか虫歯を予防することはできないのか? 母乳やミルクでできる虫歯は、主に上の前歯の歯と歯茎の境、比較的虫歯治療は簡単な場所ですが、低年齢の場合、治療ができるかどうかは難しい所・・・...

虫歯菌は未来の人間を救う?

2016.8.18 豆知識

 虫歯の原因の虫歯菌は、口の中にネバネバ物質を作って歯にへばりつき、うがいなどでは取れないように身を守っているのですが、最近、この嫌われ者の虫歯菌から、未来プラスティック素材(高分子多糖類の完全直鎖状のα-1,3-グルカン)の合成に成功しました。 従来のプラスティックは熱に弱く、溶けてしまう点・石油製品で人体に有害な物質が含まれる点が問題でした。実験に成功した東京大学と東京農工大の研究チームによる...

スポーツ飲料の危険性

2016.8.11 小児歯科

暑い夏場は、喉が渇き、脱水症状になりがち。熱中症で倒れたという話も良く聞きます。そこで最近はこまめな水分補給をすることの必要性が広く認識されています。  ただし、この水分補給には大きな問題があります。スポーツなどで汗をかくことをイメージして、スポーツドリンクを常用してしまう人が多くいますが、これは危険! スポーツドリンクには、エネルギー補給のために糖分が多く含まれ、糖尿病の患者さんや糖尿病...

突然死の予兆が口の中にも・・・

2016.8.4 全身の健康

 毎年日本で5万人以上が命を落とす突然死。風呂場でお年寄りが倒れて...と、高齢の方の問題と思われがちですが、最近では、20~40代の働き盛り年齢でも増えて来ています。 突然死とは、「症状が出てから24時間以内に死んでしまう」というもの。救急車で運ばれ、翌日に亡くなってしまうといったものも入ります。原因は、『虚血性心疾患』いわゆる心臓病が6割を占め、その他、脳梗塞・消化器疾患などで、原因のほとんど...