その歯の痛みは身体からのサインです。

 歯が痛くなって歯医者の予約をしたのに、予約日までに痛みが治まった・・・
 歯科で検査をしてもらったのに、原因が解らない・・・
そんな歯の痛み実は、『ストレス』が原因かもしれません。

 ストレス自体で歯が痛むことはほぼありません。でも、疲れがたまり、寝不足で体調が悪くなると身体の抵抗力が落ちてきます。身体の中で弱っている所が『痛み』や『腫れ』となって出て、身体が『そろそろ休養が必要ですよ!このままでは、やばいですよ!』とサインを出してきます。
ストレスと身体・歯の痛みも.jpg 歯が痛む人は、虫歯・歯周病・噛み合わせの問題で痛みが出ますが、検査時に痛みがない場合は、『未病』状態になるので、専門家でないと特定は難しくなります。

未病:東洋医学の考えで、病気に向かいつつある状態。検査では異常がないが、自覚症状がある場合(腰痛・肩こり・頭痛・原因不明の歯痛など。)と、自覚症状はないが、検査で異常がある場合(糖尿病・高血圧・歯周病など)

 ストレスが間接的な原因で症状が出るものに
・歯茎の腫れ
・知覚過敏
・顎関節症
・虫歯治療後の痛み
・口臭
などがありあます。

口の中の痛みは腫れは、繰り返し起こることで状態が悪化して来ます。痛みや腫れが落ち着く度に、『治った』訳ではなく、徐々に、本格的な痛みに近づいている過程です。繰り返しの痛みや腫れは、良い方向に改善することはなく、自然には治りませんので、1度の検査で解らない場合も、定期的な検診で症状が悪化する前に見つける努力が必要です。

奈良県 大和高田市
医療法人 橙花会 ふかみ歯科・矯正科クリニック