病気にならない身体作り

 人間は取り入れたものでしか、体を作ることができません。病気もまた同じで、体にモノが入る入り口は、口、喉、腸と言われています。

①口の中の唾液で、口から取り入れたものを殺菌・消毒して胃に送り込み、 

②鼻から取り入れた空気を、喉の扁桃腺で殺菌・消毒して肺に送り込み

③胃・十二指腸で殺菌・消化したものを、腸内細菌で最終殺菌・消毒して体に取り込む

 と、体に悪い物が入らないように、この3か所が関所の役割を担っています。怪我以外の感染症と呼ばれるものは、この3か所の関所が壊れて体の中にバイ菌が侵入して
起こった病気。風邪や肺炎・下痢など、日常的に良く見かける病気です。もちろん我々歯科医師が担う、虫歯や歯周病も感染症と言われています。

舌根沈下 呼吸.gif

 矯正歯科では、これに加えて、ガタガタの歯を治し、口の中を広げることで、舌の収まる器を大きくし、気道を広げ、鼻の通りを良くします。呼吸の改善から、喉の扁桃腺の活動を改善してます。

 現在では、さらに研究が進んで、心筋梗塞や、腎臓病など、歯とは関係ないと思われる病気でも、歯周病菌や虫歯菌が発見され、歯の治療をすることによって病気が良くなるということが発見されています。(歯性病巣感染

歯性病巣感染.jpg

 全身の病気の引き金にもなる、このバイ菌を殺す能力を”免疫力”といい、免疫力を上げることが、虫歯・歯周病・噛み合わせの予防に欠かせません。逆に言えば、健康であれば、歯磨きをしなくても虫歯・歯周病にならないのです。(でも、歯磨きは有効な予防手段の一つですよ。)

 薬や手術に頼らない治療・予防が医科の世界でも少しずつ広がりを見せています。免疫力アップが、これからの医療界のキーワードになるかもしれませんね。

香芝市 橿原市 御所市 五條市 吉野郡 その他からも ご来院頂いています。

歯列矯正 矯正歯科 噛み合わせ 歯並び なら 奈良県大和高田市
ふかみ歯科・矯正科クリニックへ