~歯磨き剤の工場見学~

歯周病予防、虫歯予防に欠かせない歯磨き剤。

どんな成分が入っていて、どうやって作られているのでしょうか。

1

ライオン株式会社 小田原工場

歯磨き剤のほかに、医薬品、機能性食品なども製造しています。

2

衛生管理には細心の注意を払って入室

3

清掃剤、発泡剤。湿潤剤、薬用成分など、たくさんの原料を使用

 

①原料を計量

4

コンピュータ制御された直径約2mの釜で原料を大型の自動計量装置で、歯磨き剤の目的に応じ、それぞれの原料を適切に計量。

②原料を配合

5

配合。気泡を抜く為に真空状態もして、混合と練上げを行う。一度に約4万本分の歯磨き剤を作る事が出来る。

③チューブを整列

6

歯磨き剤を充填する為チューブを整列させる。

④歯磨き剤を充填

7

歯磨き剤は一瞬で注入。チューブの端を閉じ圧力をかけて密封検査へ

⑤製品完成

8

1分間に300本の歯磨き剤が出来上がる。

⑥箱詰め

9

スピーディーに封入されて出荷準備完了!!

*歯磨き剤の主な成分と役割

清掃剤  無水ケイ酸、炭酸カルシウムなど

歯の表面を傷付けず、汚れや歯垢(プラーク)を落とす

発泡剤  ラウリル硫酸ナトリウムなど

歯磨き剤が口中に広がるようにする。

湿潤剤  グリセリン、ソルビトール

歯磨き剤に適度な湿り気を与える

香味剤  サツカンナトリウム、メントール

すっきり爽やかな香味を口中に与えるミント類など。

粘結剤  カルボキシメチルセルロースナトリウム、歯磨き剤の成分が分離する

アルギン酸ナトリウムなどことを防ぎ、粘性を与える

薬用成分 フッ化ナトリウム、トラネキサム酸

それぞれの薬用成分の有効性が、

歯と口のイソプロピルメチルフェノール

疾患予防などの働きをする。デキストラナーゼ

 

*目的、色々。自分に合った歯磨き剤を選ぶと効果もアップ

歯磨き剤は、歯垢や着色汚れを落とすこと以外にも、配合されている成分によって、いろいろな効果が期待できます。

 

歯周病予防   歯周ポケットの奥に潜む歯周病菌を殺菌する成分や、

歯茎の腫れを抑える成分を配合。

虫歯予防    虫歯の発生や進行を防ぐ「フッ素(フッ化物)」や歯垢を

分解・除去する酵素、殺菌成分を配合。

知覚過敏用   冷たいものがしみる「知覚過敏」の方向け歯磨き剤。

しみる痛みを防ぐ成分配合。

歯茎活性化   歯茎の血行を良くして、活性化する作用をもつ

タミンEや薬用成分で、歯周病を防ぐ。

ホワイトニング きめ細やかな泡で、

歯の表面にたまった着色汚れ(ステイン)を浮かせて

除去しやすくした歯磨き剤。

子供用     子供が好む味や香りで、楽しく歯磨きをしながら虫歯を防ぐ、

歯磨き剤。フッ素配合のものが多い。

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。