赤ちゃんに歯科って必要?

生まれてから2歳までが、これからのお口の健康に大きく影響します。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e6%ad%af

「歯科医院にいくのは、虫歯ができてからでいいや」と思っていませんか?子供たちの虫歯が増えてくるのは3歳以降になりますが、それまでによく噛んで食べることのできる口の機能と、受け口や出っ歯を作ってしまう癖の改善、規則正しい食習慣、そして適切なお口のケアの習慣がしっかりと身につくようにすることが大切です。市役所などから来る、乳幼児検診は、必ず受けるようにして下さい。

歯磨きはいつからはじめるのか?

お口の中は体の中でも敏感な部位です。そのため、歯が生えてから急に歯ブラシで磨こうとしても拒否反応がおきやすく、毎晩苦労したあげく、歯磨き習慣を諦めてしまうことにもなりかねません。

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d

歯磨きをはじめとしたお口のケアも、歯のない時期から準備を始め、順々に口の周りを触られることに慣らしていくことが大切です。歯が生え始めた頃には歯磨きの導入としてガーゼなどで優しくケアして、口の中を触られることに慣らしていき、1歳を過ぎて一つ目の奥の乳歯が生える頃までには、歯ブラシでのお掃除ができるようになることを目指します。

歯が生える前から適切に歯科に関わることで、その子のその後の健康づくりに大きく影響します。わが子のほ乳に関する悩み、離乳食の進め方、飲み物の与え方、おしゃぶりや指しゃぶりのことなど、ぜひ、気軽にお尋ねください。

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。