奈良県の矯正歯科|大和高田市・香芝市・橿原市-ふかみ歯科

奈良矯正歯科センター併設 ふかみ歯科 矯正科クリニック

歯科コラム【予防歯科】

~歯磨き剤の工場見学~

2017.6.30 予防歯科

歯周病予防、虫歯予防に欠かせない歯磨き剤。 どんな成分が入っていて、どうやって作られているのでしょうか。 ライオン株式会社 小田原工場 歯磨き剤のほかに、医薬品、機能性食品なども製造しています。 衛生管理には細心の注意を払って入室 清掃剤、発泡剤。湿潤剤、薬用成分など、たくさんの原料を使用   ①原料を計量 ...

妊婦さんの歯の健康

2017.4.25 予防歯科

妊娠中に気をつけること まずは妊娠という素晴らしい体験を、穏やかな気持ちで過ごしましょう。妊娠中は、つわりのために歯磨きが十分にできていなかったり、ホルモンのバランスの関係によって、 通常より虫歯や歯周病を(妊娠性歯肉炎)を起こしやすくなります。 歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重出産を起こすリスクが高まります。 歯肉炎の症状が進行すると、お口の...

虫歯になりやすいおやつ

2017.1.8 予防歯科

みなさんは、なぜ甘いものを食べると虫歯になるのか、知っていますか?実は、甘いもの(砂糖・デンプンの多いもの)を食べると口の中で虫歯菌が酸を作り、その酸が歯を溶かしてしまうからなんです。 意外と多い酸性の飲み物 どの飲み物が虫歯になりにくく、どの飲み物が虫歯になりやすいのか?一つは、飲み物の酸性度によります。 歯を溶かしやすい飲み物(高いもの順) コカコーラ(ゼロのも...

フッ素について知っていますか?

2017.1.2 予防歯科

1.フッ素ってなに? 歯科医院での虫歯予防指導は、①歯磨き②甘い物の制限③定期検診 の3つがよく言われますが、これに加えて、定期検診時のフッ素を塗ることは虫歯の予防に効果があることが科学的にも証明されています。 特に子供の歯や生えたばかりの歯は、歯の表面が大人と比べて軟らかく、フッ素が歯に浸透しやすくなります。フッ素を歯に塗ることにより、歯の表面が硬くなります。その為、虫歯菌が出す酸に...

赤ちゃんに歯科って必要?

2016.12.22 予防歯科

生まれてから2歳までが、これからのお口の健康に大きく影響します。 「歯科医院にいくのは、虫歯ができてからでいいや」と思っていませんか?子供たちの虫歯が増えてくるのは3歳以降になりますが、それまでによく噛んで食べることのできる口の機能と、受け口や出っ歯を作ってしまう癖の改善、規則正しい食習慣、そして適切なお口のケアの習慣がしっかりと身につくようにすることが大切です。市役所などから来る、...

妊婦さんの歯の健康

2016.12.19 予防歯科

妊娠中に気をつけること まずは妊娠という素晴らしい体験を、穏やかな気持ちで過ごしましょう。妊娠中は普通より、つわりがあるため歯磨きが不十分になったり、ホルモンバランスによって、虫歯や歯周病(妊娠性歯肉炎)を起こしやすくなります。 歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重出産を起こす確率が高まります。また、歯茎の腫れが進行すると、お口の中に妊娠性エプリースという、おできのよ...

その歯の痛みは身体からのサインです。

2016.8.28 予防歯科

 歯が痛くなって歯医者の予約をしたのに、予約日までに痛みが治まった・・・ 歯科で検査をしてもらったのに、原因が解らない・・・そんな歯の痛み実は、『ストレス』が原因かもしれません。 ストレス自体で歯が痛むことはほぼありません。でも、疲れがたまり、寝不足で体調が悪くなると身体の抵抗力が落ちてきます。身体の中で弱っている所が『痛み』や『腫れ』となって出て、身体が『そろそろ休養が必要ですよ!この...

夜の授乳で虫歯が心配

2016.8.25 予防歯科

 お母さんは、子供さんのお口の中の心配もしないといけないので大変。乳幼児を連れた患者さんから、よく質問されるのが、夜間授乳後の歯磨き。 お腹が満たされて、ウトウトし始めた赤ちゃんを起こして歯磨きをするのはなかなか大変。何とか虫歯を予防することはできないのか? 母乳やミルクでできる虫歯は、主に上の前歯の歯と歯茎の境、比較的虫歯治療は簡単な場所ですが、低年齢の場合、治療ができるかどうかは難しい所・・・...

知覚過敏の原因は?

2016.7.28 予防歯科

 暑い夏は寒い冬と共に、知覚過敏が頻発する季節。冷たい飲み物が増え、歯がしみることが多くなります。歯がしみる一番の原因は虫歯ですが、虫歯でなくても歯がしみるものを、知覚過敏と言います。 知覚過敏の場合、痛みの時間は短く、数秒から数十秒。ピリッとした痛みを伴います。歯に刺激が加わったっ時にだけ痛みを感じるため、虫歯のように、じわじわした痛みの余韻はほぼありません。知覚過敏の場合、冷たいもの飲んだり食...

歯ブラシは清潔ですか?

2016.6.26 予防歯科

 毎日の歯ブラシ習慣は、虫歯・歯周病予防に欠かせません。歯医者で磨き方を習って、頑張っているつもりなのに、虫歯や歯周病がなかなか改善しない・・・ そんな人は、歯ブラシの保管方法が間違っているのかも? 歯ブラシの保管方法を間違えて、バイ菌付の歯ブラシで歯を磨いていたとしたら・・・ チャチャッと洗って歯ブラシを洗面台の戸棚名の中へ・・・食べかすが付いたままの歯ブラシ、きれいに洗えていなかった歯ブラシ、...
1 / 3123