矯正治療のための食育を考える!⑪糖質

 2014年3月のWHO(世界保健機構)によると、健康な成人で、一日に摂取して良い砂糖の量は25g以内という報告が出ています。

1000517_426664837448879_72928436_n.png

 これは、500mlの炭酸飲料で60gスティックシュガー1本8g。ちなみにメロンパン1個でも20gあります・・・

 ご飯や他の飲み物の間食にも砂糖が含まれているので、ジュースやスポーツ飲料、野菜ジュースや栄養ドリンクの日常摂取は、体に変調をきたす元になるということです。

 特に砂糖の甘さは、タバコやコカインなどの麻薬と同様に、依存症になるため、日常的な嗜好品的な摂取は問題になっています。

pic_02_15.jpg

 特に砂糖などの漂白物は、血糖値の急激な上昇を招くため血管が弱くなり”歯周病”や”心不全””脳卒中””がん”の原因になります。代表的な糖尿病は、血管が弱くなって”眼底出血””腎不全””手足の壊死(くさること)”が3大合併症です。

 現在の生活では、残念ながらそれぞれの加工食品にどれだけの砂糖が入っているか正確には解りません。砂糖を加えるとまた欲しくなる!という効果を狙って、意図的に甘くしている物も多くあるので

、間食選びには注意が必要です。昔ながらの和菓子をおいしいと思える程度に食べる。食べ過ぎたと思ったら運動する!という癖が必要ですね。

 体は正直パンチ!体重と体調の変化に気を配って、日ごろから気にかけて見て下さい。

奈良県 大和高田市 香芝市 橿原市 矯正歯科 なら 

ふかみ歯科・矯正科クリニック