矯正治療のための食育を考える!⑧玄米食

白米より断然栄養価が高く、体が酸化しにくい玄米は、マクロビオティックや食養療法では基本になりますが、玄米食は体に良くないとも言われています。

残留農薬や流通中の汚れやゴミ、果ては アブシジン酸やフィチン酸など、植物性の発芽抑制ホルモンが人体に有害であるとか・・・

食品添加物に比べ、有害性はそれほど多くはないのが現実ですが・・・

上記のことは有機栽培米の玄米を購入したり

chigai.jpg
発芽玄米でカバーできますが、実際は”手に入りにくい””高い””おいしくない”圧力釜など使うのが”めんどくさい”というか、続かないという、大きなデメリットがあります。

ということで、
①家庭用の精米機を買って有機米の胚芽米や5分付などをその都度精米して普通の炊飯器で炊く!

②雑穀米を混ぜる

が、現実的音譜

うちでは②で対応していますニコニコ

習慣を変えるには、できるところからですね。

奈良県 大和高田市

ふかみ歯科・矯正科クリニック