矯正治療のための食育を考える!⑦食物繊維

食物繊維は重要!

という認識を持っている方も多いですが,実は最近まで食物繊維は消化されずにそのまま出るため、必要のない物と考えられていました。

 第2次世界大戦中、英国では小麦の消費量を減らすために精白度(実表面を削って白くする)を低くして、かさましをしていましたが、その結果、糖尿病が激減したという話があります。

 これは、お米でも同じですが、削っていた食物繊維の摂取量が増えたためと考えられています。

 食物繊維は炭水化物の一種なのですが、植物性のものに含まれ、複雑に絡まり合って、我々人間では消化しきれず、大部分がそのまま排泄されます。

ohmugi010.gif

 その為、食物繊維がその他の炭水化物の消化吸収のスピードをコントロールして血中の血糖値の急上昇を防いでくれます。

 また、食物繊維の一つペクチンは、コレステロールを固める作用があり、血中に吸収されるのを防いでくれます。

 そして、良く知られた便秘の薬!

 大腸での滞留時間が長く、便の量が少なく、硬い人ほどいろいろな病気にかかり易いと言われています。

 食物繊維が不足すると、大腸での水分が取り除かれすぎ、便が硬く小さくなって、大腸に留まり易くなります。

 現代の食事は、様々な食品に添加物や農薬など、人体に悪影響を及ぼすものでいっぱいですし、それを完全に排除することは不可能です。これを体外に出すてっとり早い方法が”食べたら、出す!”ですニコニコ

 毎日必要な食物繊維の量は40g

これは、現在日本人が摂っている量の約2倍!肉類にはほとんど含まれていないため、効果的に摂るには、野菜や果物、そして豆・芋類をバランスよく摂ることが必要です。

 食物繊維のほかに色々な栄養素も豊富な野菜・豆・芋類は

96EC8DD881i8F7B81j82Q.png

“旬”のものを選んでしっかり食べたいものですグッド!

奈良県 大和高田市

ふかみ歯科・矯正科クリニック