夏は口内炎にご注意!?

暑い日は何かと水分補給が大切になりますが、冷たい物をがぶ飲みするとお腹を壊してしまいます叫び

これは、胃腸が冷やされて胃腸の機能をストップさせるから。

人の消化・吸収能力は体温37℃ぐらいで活発になるようにできています。

冷たい飲み物でお腹が冷えると内臓が冷えて、血管が縮み胃や腸に栄養が行かなくなって動きが止まってしまいます。

その為、腸での水分吸収もできず下痢になり易くなります。etc-drink017.jpg

お腹が弱くなると実は口の中にも変化がビックリマーク

舌の色やつや、形が変化してきます。

東洋医学では舌診という言葉があるぐらい。

また、歯並びが悪い人は口内炎ができやすく、胃腸が悪い人が多いですよね。ac928c11e787060fb5ef4396850d9af1.jpg

それもそのはず、口は消化の始まり歯でしっかり噛んで食べ物を細かくし唾液と混ぜることで炭水化物を消化して行きます。

その為、噛み合わせが悪くて”くちゃくちゃごっくん”で、すぐに飲み込んでしまう人ほど胃腸が悪く

お腹を下しやすい体質にあせる

人が毎日生活する上で一番エネルギーを使うのが食べ物の消化・吸収です!

口から入れた食べ物が、1日やそこらであんな形になって出て行くなんてすごいことなのです合格

実際、実験で食べ物を人の体と同じように消化するのに数日はかかるとか・・・

kao.gif

まだまだ、人の体は解らないことがたくさんありますね。

夏こそ良く噛んで!胃腸を守りましょう!

奈良県 大和高田市 香芝市 橿原市 歯列矯正 矯正歯科 噛み合わせ 歯並び なら 

ふかみ歯科・矯正科クリニック