歯周病とタバコ

みなさんは、歯周病の大敵が喫煙習慣だということをご存知ですか?

“歯周病”はすでに、日本人の約8割が発症していると言われており、歯を失う最大の要因となります。歯周病の原因は様々ですが、“喫煙”もその一つと言われています。

歯周病と免疫力の関係

歯周病とタバコ1

歯周病の原因は歯周病菌による感染です。免疫力が十分に備わっている若い頃はあまり見られませんが、免疫力が低下してくる40代頃から発症しやすくなります。つまり、免疫力が低下してくると、歯周病にかかる可能性が高くなるのです。

喫煙習慣があると免疫力が落ちる

タバコを吸うと体の中の血管が収縮するため、歯茎の血流が約半分になると言われています。その結果、新鮮な血を送ることが出来なくなり、免疫力が落ちてしまい、歯周病菌に対する抵抗力も低くなってしまうのです。その他にも、ニコチンが歯茎の血行を悪くして抵抗力を下げたり、タバコの煙が粘膜に付着しツバの出る量が減り、ツバに含まれる殺菌作用も失われてしまうなど、タバコには様々な有害作用があります。

危険度はどのくらいか

歯周病とタバコ2

タバコを吸う人は吸わない人に比べて、歯周病に感染する確立が3〜5倍高くなると言われています。タバコの本数が多い人や、喫煙年数が長い人ほど歯周病リスクが高まります。永久歯は抜けてしまうともう二度と生えてはくれません。もしタバコを吸っておられる方がいたら、健康のために喫煙習慣を見直されてはいかがでしょうか?

奈良県大和高田市

医療法人橙花会 ふかみ歯科・矯正科クリニック