矯正のための、運動①ウォーキングにご注意!

 健康のためにウォーキングをされている方が最近増えています。私もマラソンをするので、定期的に同じ道、同じ時間にジョギングをしています。良く観察すると、春・秋は新顔さんがたくさん増えて来る頃ですが、残念ながら、1カ月2カ月と続いている人は少ないのが現実ですね。

 ”気軽に始められて、軽い運動なので体に負担がかからず健康に良い!” と思われがちですが、身体が歪んで、肩こり・腰痛持ちの人は、ただ歩くだけでも余計な負担がかかり、症状を悪化させてしまいます。
腰痛1.jpg

 生活習慣病で、肥満・糖尿病の人は、体重をコントロールするのに、ウォーキングを始めなさい!とお医者さんから言われることが多いと思います。体に鞭打ってウォーキングを続けた結果、足腰が悪くなってより運動できない身体になった・・・という笑えない話は、良くあります。
 
 これはウォーキングに限ったことではなく、その他の運動にも当てはまります。身体の痛みが、運動不足から来ていると勘違いして、運動をする人が多いのですが、身体の歪みが原因の場合は、運動することによってさらに歪みがひどくなってしまいます。3日坊主はさておき、初めは順調だったが、1週間2週間と経つうちに、体が痛くて続かなくなった・・・と言う人は多いのです。

ノルディックウォーキング.jpg

 体の歪みを調整しながら、体の負担がかからない方法・時間で、運動を楽しみながら行うのが理想。ひざ・腰が痛い人は、ウォーキングよりも、水中ウォーキングや自転車、ポールウォーキングを!また、いつでもやめられるように、週回コースから始めて行くのが大切です。

  痛い時に、痛いことをしない。内科の先生は整形外科ではないので、身体の歪みは基本見てくれません。何でもバランスが大切。一時期はやった、加圧トレーニングや2カ月でムキムキなど、筋肉を短期間で付けるのは、反則技です。無理に付けた筋肉は、維持するのが難しく、時間もお金も永遠にかかり続けます。
 
 矯正治療でも同じです。無理やり治した歯並びは、身体の歪みに合わせて後戻りをしてしまいます。身体の歪みを取りながら、自分の行きたい方向に自然に噛み合わせを誘導してあげるのが理想。

 まず、生活の中で簡単に改善できる、体を歪ませてきた悪い生活習慣を改善することから始めましょう。

御所市 橿原市 香芝市 五條市 吉野郡 その他からも ご来院頂いています。
噛み合わせ 歯列矯正 矯正歯科 歯並び なら 奈良県大和高田市
ふかみ歯科・矯正科クリニック