「噛むこと」「噛めること」~早食いと肥満の関係~

〇最近行われた疫学調査により、早食いの習慣のある人には肥満が多い事が分かってきました。

 では、どうして噛む回数が少ないと肥満に繋がるのでしょうか?

▼噛むという行為(脳の中にある満腹中枢を刺激)肥満

              ↓

      満腹中枢を刺激(食事で満足感が得られる)

 

▼噛む回数が少ない

いくら食べても満腹中枢への刺激が足りない!

なので、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

そんな方は噛む回数を増やしてみてください!!

〇噛むことによって予防できる病気

ドライマウス

日本語に直すと口腔乾燥症。読んで字のごとく口の中が乾燥してしまうです。通常、人間の唾液は一日に1~1.5リットルほど分泌され口の中を常に潤しています。

▼唾液の役目・・・消化を助ける

抗菌作用ハミガキ

▼口の中が乾燥することによって・・・不快感

喉の渇きを助長

最近が繁殖しやすくなり、

口臭、虫歯、歯周病を発生させる

〇噛むことでできる健康効果

▼肥満防止

▼歯周病予防

▼脳の働きが活発になる

脳に酸素やブドウ糖などが行き渡るようになるためニコニコ笑顔

▼視力回復・表情を豊かに

顔全体の筋肉を刺激することができるため

※「ゆっくりとよく噛むこと」は肥満対策の一つとして期待されています。

一方、歯を失うと「噛めない」状態になり、栄養摂取バランスの低下がおこると言われています。

食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」は健康と密接な繋がりを持っているのです。

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。