歯のケガをしたら・・・

もし歯のケガをしたら・・・

歯や口をケガした時は、?見た目は問題なくても、見えない部分で大きな損傷を受けている場合があります。?また、歯が抜けた場合、抜けた歯が乾燥しないことが大事です。?
できる限り早く歯科医院を受診して下さい。

受診までにできること
  • 口内に飲み込みそうな物があれば取り除きましょう。
  • 出血部位を軽く洗って、止血のためにガーゼ等で圧迫しておきます。
    血液は飲むと嘔吐の原因になるため、出血があるときは飲みこまないでティッシュなどに吐き出しましょう。
  • 切れた唇や頬は冷やすと腫れを引かせる事ができ、きれいに治しやすくなります。
    折れた歯の破片は、受診するまで乾燥をさけて抜けた歯の保存方法を参考にして持って行きましょう。変色しないで接着することもできます。
歯が抜けてしまったら・・・

ケガのうちでも特に歯が抜け落ちてしまったときは、速やかな治療が必要で、元の位置に戻してとめると歯は正常に使えることがあります。正しく歯を保存すると、より良好な結果が得られることがわかっています。

抜けた歯の保存方法

汚れていても水道水で洗わないで下さい!
歯の保存液に浸しておくか、牛乳につけて入れて、すぐに歯科医院を受診しましょう。
適当なものがない場合は、元に戻さず、口の中に入れ(舌の下にそっと入れて唾液でベタベタにしておきます)、乾燥させずに持って来て下さい。

歯が陥没、ずれたら・・・

歯を打つことで、歯が脱臼する(動く)ことが多くみられます。その結果、歯の位置がずれてしまいます。特に乳歯の場合、歯が歯肉の中にめり込んだりすると、乳歯の下で育っている永久歯に影響を与え、歯並びや、歯の形、色が悪くなることがあります。また、歯の根が折れた場合も、歯がグラグラしたり、位置がずれたりすることがあります。
痛みが無い場合でも、位置のずれや歯が動くなどの症状がある場合は、すぐに歯科医院で診察を受けましょう。

歯が欠けたら・・・

怪我により歯が欠けたが、部分的で軽度の場合は、痛みなどの症状はでにくいものです。また、歯の神経や歯の周りへの影響も少ないことが多いのですが、そのまま放置すると、さらに大きく欠けたり、その他の症状を引き起こす可能性があります。?歯が欠けて神経まで達してしまうような重度の場合は、炎症により痛みや腫れなどの症状を起こすことが多いので、すぐに歯科医院で診察を受けてください。

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。