最近の子供の歯科検診の変化

 最近では虫歯になっている子供さんは激減。変わって、歯科検診では、歯茎の腫れ・汚れ(歯肉炎)と噛合せの異常(不正咬合)にチェックがかかって来院する子供さんが増えています。

 実は、日本人の8割が歯茎に何らかの病気を抱えていると言われています。

 歯周病の原因は口の中の細菌の質と量。実は、子供さんの虫歯が減って、口の中では虫歯菌が激減しているのですが、それに反して歯周病菌が増えて来ています叫び

  最近の子供さんは器用になった・・・なんてことはほぼなく、甘いものを控える食生活が、虫歯を減らした大きな原因。それと、仕上げ磨きですね。

 歯科に来た子供さんを見ても、汚れがいっぱいあって、虫歯はないのに、歯石や歯茎からの出血がある子供さんは珍しくありません。歯周病菌は、砂糖の量に影響しないため、食べ物によって成るならないは関係ありません。”とにかく汚れを取る”しか対処の方法がありません。

 この歯肉炎が、将来的に、歯を支えている骨を溶かし、歯が抜けてしまう歯周病へ。

歯周病P.jpg

 汚れの取り方は2つ。しっかり磨くことと、しっかり噛んで良く”唾液”を出すこと!唾液は天然の殺菌剤です。また、よく噛むことで、舌や顎が発達し、歯並びにも影響を受けます。その為、歯科受診時には、丁寧に汚れを取ったうえで、食事のアドバイスも必須!

 さらに、歯茎が腫れている子供さんは、歯並びも悪いことが多く、噛み方にも右噛みや左噛み、奥歯でしか噛めないなど、癖が多く見られます。そういった子供さんは、歯の抜かわる早さが右左で違ったりするため、歯並びだけでなく、顎もずれて来ます。 

顎のズレ01.jpg

 毎日の生活習慣は、なかなか治せないもの、知らず知らずに病気予備軍にならない為には、小さい子供のうちに専門家のアドバイスを受けましょう。

奈良県大和高田市

医療法人 橙花会 ふかみ歯科・矯正科クリニック