銀歯と白い詰め物の違いって?

お口の中に銀歯が入っている人は、その銀歯が目立って見えて気になったことはありませんか?前歯も奥歯も全部、白で詰め直してくれたらいいのに!なんて感じたことはないでしょうか?今回は銀歯と白い詰め物の違いを説明したいと思います。

 

保険がきく被せ物

図1 

  • 白いプラスチックで医師がその場でつめてしまうもの

歯の一部分につめてある、小さな銀歯ならこのプラスチックで詰め直すことが可能です。治療が一回で済み、削る量も比較的少なくて済むのが利点です。ただし、大きな銀歯を外した場合には適応できないのが欠点です。

  • 表は白で裏は銀色の金属製のもの

前歯から糸切り歯までのみ、保険が適用されます。内部が金属であるため壊れにくく、人それぞれの歯の色に合わせて作ることができるのが利点です。裏側は金属の色をしていることと、長く使っていると着色してくることが欠点です。

  • 白いプラスチックを使用して機械で形を作ったもの

奥から三番目の歯まで保険適用です。金属アレルギーの心配がなく、裏も表も白いのが利点です。割れたりすりへったりすることが多いことと、長く使うと着色してくることが欠点としてあげられます。

 

保険外の被せ物としては、表も裏も白く、衝撃にも強く割れにくいものもあります。また、中身のみが金属で表に白の陶器を貼り付けたものがありますが、それぞれに利点と欠点が存在し、なにより保険外となるとお金がかかってしまいます。

歯の被せ物にも様々なものがあり、それにする正当な理由が存在します。気になる方は一度歯医者さんへ行ってみて、自分にあった治療法を選択してみてください。

図2

 

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。