歯周病予防には小腸ケアが効果的!?

日本人の成人80%は歯周病と言われています。図7

これは、5人中4人が歯周病ということになります!歯周病は歯磨き時に残る歯垢(細菌)が原因と言われていて、歯垢1mgには10億個もの細菌が存在します!多くの方がかかる恐れのある歯周病ですが、単に口腔内だけに影響があるだけではありません。実は、口の中の健康状態が、腸内環境に影響を及ぼしていることがわかってきたのです。

なぜ小腸のケアが大切なのでしょう。

 

体に害を及ぼす物質や細菌が体内に入り込んだ時に、その異物と戦ってくれるのが免疫というものです。は外から入ってきた食べ物の栄養を体内へと取りむ重要なでもあります。小腸をケアすることで、そこに住んでいる免疫細胞を活性化し、体内の菌を倒しやすくなるということです。

 

歯ぐきの中で歯周病菌が増えると、歯肉周辺の免疫細胞たちが戦いを始めます。この戦っている最中が腫れ・出血といった症状に。免疫細胞のうち6〜7割が小腸に存在していると言われています。どこかで異常が起きていないかと体内をパトロールしている免疫細胞は、この緊急事態を感知し小腸へ信号を送ります。

小腸内の免疫細胞たちがSOSを受け、口腔内の異物状態を察知しリンパ節を通って口腔内へと援護しにいくしくみとなっています。

 

小腸内の“免疫細胞”が強ければ強いほど、 歯周病菌に抵抗できる力は大きくなる。

だからこそ、小腸から考える歯周病予防が大切なのです!

図8

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。