健康な歯

~要注意な症状から対策まで~

  • 「知覚過敏」とは?

☆知覚過敏とは? 

歯は通常、エナメル質という硬い組織に覆われているが、歯のエナメル質の内側にある象牙質という柔らかい部分が露出すると、歯がしみたり瞬間的に激痛が走る。

象牙質がむき出しになると、その中にある「象牙細管」という管を通って「歯髄」と呼ばれている歯の真剣に直接刺激が伝わり、痛みを感じてしまう。

 

☆原因は?

①歯磨き粉に含まれている研磨剤により、エナメル質が削れてしまう。

②酸蝕症により、エナメル質を溶かしてしまう。

③歯ぎしりや噛み合わせのズレがあると、特定の部位に過度な力がかかってしまい、エナメル質が削れたり、割れてしまう。

1

☆自分でできる対策は?

①歯ブラシは硬めのものの使用を控える

②歯磨き粉は付けすぎず適度な量を使う

③ブラッシングする時は優しく小刻みに磨く

④酸蝕症にならないように注意する

 

  • 知覚過敏の原因の一つ「酸蝕症」とは?

☆酸蝕症とは?

私たちが日ごろから口にしている飲食物には酸が入っている物が多く、普通の生活を送っているだけで、知らないうちに歯のエナメル質を溶かしてしまっている可能性がある。

このように酸によってエナメル質を溶かしてしまう症状を「酸蝕症」という。

 

☆原因となる食べ物は?

・炭酸飲料

・スポーツドリンク

・レモンやミカンの柑橘系、果物の果汁

・お酢

・ワイン

2

※最近ではお酢やビタミンたっぷりの柑橘系果物など、体に良いという事でたくさん摂取している人も多いので注意が必要です。

  • 酸蝕症を予防しよう!

☆酸を多く含む飲食物を摂取した直後の歯磨きは避ける。

→酸は歯のエナメル質を軟化させるため、この状態で歯磨きをするとエナメル質がすり減りやすくなってしまうため。

※食後30~1時間くらい経過してから歯磨きを!

 

☆酸性度の高い飲食物を口の中に長時間留めておかずにすぐ飲み込む。

※ストローを口の奥に当て、歯に触れにくいように飲むのも効果的!

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。