仮歯のままではなぜだめなの?

皆さんの中には、治療の途中で仮の歯を作ってもらった方もいるかと思います。仮の歯の中には見栄えの良いものもあるので、もうこのままでいいんじゃないか?と思われた方もいるのではないでしょうか。なぜ仮の歯のままではだめなのかを、解説していきましょう。

1

仮歯をつける理由って?

仮歯は、治療途中に削った歯の中が汚染してしまったり、食事のときにしみたりしないようにするために作ることが多いです。そのほかにも、見栄えを保つために仮歯を作ることもあります。

「形もある程度整っているし、痛くもないし、もうこれでいいや!」と、もし、治療を中断してしまうとせっかく進めてきた治療を無駄にしてしまうだけではなく、場合によっては残せたはずの歯を失ってしまうこともあります。

 

仮歯でいつづけるとどうなる?

 

仮歯をかぶせている歯は大きな虫歯があったり、あるいは折れてしまったりしたため、治療をしている歯が大半です。この歯は仮歯をかぶせていないと歯の中がむき出しになり、細菌が侵入しさらに虫歯が進んでしまうため、仮歯で保護している状態です。

この仮歯をずっと使っているとどうなるのか、以下に挙げます。

2

  • 水分や汚れを吸収し、変色や劣化が起こる
  • すりへって小さくなる
  • 取り外しやすいセメントでつけているので外れやすい
  • 段差や隙間がある(応急的に製作されたため)
  • 汚れが溜まりやすく虫歯や歯周病の原因になる

仮歯が気に入っていても、通院の手間と治療費を惜しまず、治療を最後まで続けて、必ず本物の被せを入れてもらうことをおすすめします。

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。