もしかして味覚障害?

近頃はスーパーやコンビニで様々な種類のお弁当やお惣菜が売られ、ジャンクフードやインスタント食品ばかり食べている若者たちに、味覚障害が増えていると言います。これは、“亜鉛不足”が原因です。

1

亜鉛不足になるとどうなる?

亜鉛は私たちの身体の細胞や組織を新しく作るため、また、新陳代謝のためには必要不可欠な栄養素です。亜鉛が不足すると、肌荒れがひどくなったり、傷の治りが遅くなったり、抜け毛が多くなったり、小さなお子さんに至っては発育が遅れてくると言われています。本来亜鉛は不足することはないですが、アンバランスな食事を続けた結果のもたらされることが味覚障害となります。

 

味覚チェックをしましょう

〜甘味のチェック〜

  • 1リットルの水に小さじ1杯の砂糖を溶かし、その砂糖水を舌に数滴たらします。

これを、甘いと感じる方は心配ありません。もし、「何も感じない」「辛い・すっぱい」など、甘み以外を感じた人は亜鉛不足の可能性があります。

2

亜鉛不足を解消するには?

亜鉛不足を解決する為におすすめするのが、“牡蠣”です。大ぶりの物なら一個で一日分がまかなえてしまうほど亜鉛が多く含まれています。さらに、亜鉛は銅と10:1のバランスで取ると最も吸収率が良いとされています。“牡蠣”にはこの2つのミネラルが絶妙なバランスで含まれている上、その他のミネラルも豊富な食材です。

牡蠣が手に入らない場合は和食がおすすめです。白米に含まれる亜鉛の量は少ないですが、毎食とることで必要量を満たすことができます。

その他にも、うなぎ、豚、牛、くるみ、アーモンド、ごまなどにも亜鉛が多く含まれます。いつまでもおいしくご飯が食べられるように、バランスの良い食事をこころがけましょう。

3

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。