自分にあった歯磨き粉を選ぼう

「むし歯を予防するため」「知覚過敏をケアするため」など、ハミガキにはその「使用目的」に合わせて薬用成分が配合されています。どんな作用の薬用成分が配合されているのか「表示」をきちんと確認し、自分の目的に適したハミガキを選びましょう。

1

歯みがきの成分によって取り扱いが異なります

歯みがき(歯磨剤)は日本薬事法により「化粧品」と「医薬部外品」の2種類に分類されます。基本成分だけでできているものを「化粧品」といい基本成分に薬用成分が加えられているものを「医薬部外品」といいます。日本で市販されている歯みがきの90%は「医薬部外品」です。そのうちの約80%にフッ素が配合されています。

歯みがきの形状

歯磨剤は、ペースト状、ジェル状、液状、液体、フォーム状、粉などの種類があります。

 2

歯磨剤類による清掃力

歯磨材には、かき取る作用によって清掃効果を発揮する研磨剤(清掃剤)や、汚れを浮かせる作用をもつ浸透剤・清掃補助剤が配合されているものが増えています。歯磨剤のパッケージの裏面に成分が記載されているので、日頃から目を向けるようにすることが大切です。

 

歯磨剤とアレルギー

歯磨剤や歯磨きジェルなどにグルコン酸クロルヘキシジンが成分として含まれている場合は、殺菌力と殺菌力の持続効果がありますが、場合によってはアレルギー症状を起こすこともあります。また、牛乳由来成分のカゼイン、またはパラベンにが含まれている歯磨剤も増えています。カゼイン、パラベンに対してアレルギーのある方は使用することができません。

3

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。