セカンドオピニオンをご存知ですか?

みなさんのお口の中や歯の形が一人一人違うように、歯科治療の方法も様々な考え方があります。同じ症状だとしても、先生の治療方針や考え方によって変わることがあります。「この先生の言っていることは本当に正しいのかな?」「他にもっと良い治療法はないのかな?」とお悩みの方、おられませんか?そんなとき役に立つのが、“セカンドオピニオン”です。

 

“セカンドオピニオン”ってなに?3

患者さんにとって最もよいと思える治療法を、患者と主治医との間で判断する為に、別の医師の意見をきくことを“セカンドオピニオン”と言います。

自己判断による思い込みなどにより「検査をしてくれない!」「薬を出してくれない!」と言って病院や医師を簡単に変えることは「ドクターショッピング」と呼び、セカンドオピニオンとは異なります。セカンドオピニオンは、今かかっている先生以外の医師に求める第二の意見のことを意味し、がんやインプラントの治療方針に万全を期すために使われたりします。

 

セカンドオピニオンによりトラブル回避もできる4

 

抜歯後にインプラントをすることを主治医に勧められた患者さんが、セカンドオピニオンを求めた結果、「抜歯の必要は無い」と相談先の医師に言われた例が、新聞に掲載されていたことがあります。抜歯の必要が無い歯を、インプラントにされそうになったトラブルと言えるでしょう。

その治療の必要性やその後の治療法は医師により診断が異なる場合もあります。もし、主治医に提案された治療法に不安や疑問がある場合には、その事実を主治医に伝えた上で、セカンドオピニオンを求めることで、失敗やトラブル回避はもちろん、納得した治療につなげることができるでしょう。

 

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。