口腔内の“ネバつき”対策‼

*どうして口の中がネバつくの?3

口内が乾燥する事により、唾液による洗浄、殺菌作用が衰え、雑菌が繁殖しやすくなる事が、ネバつきの原因とみられる。

ドライマウス…唾液が少なくなって口が乾く症状。

歯周病…歯磨きが上手くできておらずに、菌が付着している。

加齢…ホルモンの分泌の減少による唾液の減少。

食べカスの付着…口内に食べカスが残ると、雑菌の栄養になってしまう。

日常生活のストレス…唾液の分泌量が減少し、雑菌が洗浄作用を上回る。

就寝中の口呼吸…口内が乾燥することにより、唾液が蒸発し、殺菌作用が働かなくなる。

 

*ネバつきのひとつの原因、ドライマウス(口腔感染症)とは?

↓ ドライマウスチェックリスト ↓

 □ 口の中が乾く

 □ 夜間に起きて水を飲む

□ 乾いた食品が噛みにくい              チェックした項目が 3つ以上の場合は要注意!! 

 □ 口の中がネバネバする

 □ 口臭がある

 □ 口の中がネバついて話しにくい

食べ物がうまく飲み込めない、料理の味がよくわからない、といった特徴もみられる為、心当たりのある人は専門医での受診を‼

 

*ネバつきを予防しよう!!

唾液量を増やそう!

サラサラした漿液性の唾液を増加させる為、食事の際は、食べ物をゆっくり噛む事を心がける。

また、梅干しや、ガムを噛む事もオススメ‼2

水分をよくとろう!

水やデンタルリンスなどで、こまめに口内を潤し、唾液をサラサラな状態に保つ。

口呼吸をやめて、鼻呼吸をしよう!

空気中の雑菌が、直接口腔内に触れないということも大切。唾液が蒸発して乾燥し、唾液の持つ消毒作用が

機能しなくなってしまうので、鼻から呼吸する事を心がけよう。

 

*お口のネバつき放っておくと?

口臭の原因になる

唾液には口の中を掃除したり、殺菌したりする働きがある為、唾液の量が減ったり、働きが弱まる事で細菌が繁殖しやすくなる。また、唾液には食道内の洗浄や中和をする役割もある為、胃からの逆流してきた胃酸が粘膜を傷つけるのを防ぐ働きもある。

虫歯ができやすくなる

細菌が繁殖しやすくなると、歯痛や歯周病などにもかかりやすくなる。

 

*唾液を出そう!分泌マッサージ‼

1

唾液線を優しくマッサージしてあげるだけでも、唾液の分泌が促されるので、試してみよう!

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。