お口の中にもカビは生える?

カビって水回りや物だけに生えると思っていませんか?実は、お口の中にもカビは生えるのです。

 

カビの病気「口腔カンジダ症」

 

口の中のカビの病気でよく見られるのは“口腔カンジダ症”というもので、カビの一種である真菌とよばれる菌による感染症です。この菌はもともと口の中に存在している菌ですが、健康な人であればカンジダ症が発症することはほとんどありません。しかし、免疫力が低下してしまうと菌が増殖し発症しやすくなります。具体的に言えば、入れ歯の清掃不良、唾液が減る、口の清掃状態の不良で菌が異常増殖することがあります。また、この病気は高齢者だけでなく子供でも発症することがあります

1

特徴は?

口腔カンジダ症の特徴は、頬っぺたの粘膜に白い斑状の膜ができます。それが、本当にカンジダ症である場合、ガーゼで拭うと拭き取ることができます。この方法で他の病気との区別がつきます。

 

治療方法は?

2

主な治療方法は真菌に対抗する“抗真菌剤”の入ったうがい薬や軟膏、または飲み薬を使用します。ステロイド軟膏や抗生物質では治ることがないので、使用しないでください。

お口の中のカビを防ぐには、お口の中を常に清潔に保つことが大切ですので、入れ歯を使用している方はこまめに外して清掃するようにしましょう。

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。