口腔ガン 舌ガンについて

日本人の死亡原因第一位にもなっている“ガン”

今や日本人の2人に1人はガンをわずらい、3人に1人は死亡します。

 

見つけにくい臓器ほど死亡率が高く、1位は膵臓、2位は胆のう・胆管、3位は白血病です。自覚症状が現れて検査をして発見されることが多いガンです。

口腔ガンは10位に位置し、死亡率は46.1%と約半分の割合、罹患者の約半数が亡くなるガンであるということです。

口の中にできるがんの総称「口腔がん」のうち、最も多くみられるものが舌にできる「舌がん」です。口の中にできるがんは、食事や喋ること(発声)などをはじめ、私たちが健康的かつ社会的にいきていくために欠かせない機能に密接な影響を及ぼします。そのため、治療においても根治を目的とするだけでなく、QOL(生活の質)を保つことも考慮して行わねばなりません。

1

 

 

  • 舌癌とは口の中にできる癌の50〜60%を占める。
  • 若い人にも発生することがある。

 

舌ガンの原因

<タバコやアルコール>

慢性的に摂取することが多い場合、それが口の中を刺激し続けるため、細胞ががん化しやすくなります。噛みタバコを愛用する人の多いインドでは舌癌の割合が高いことも知られています。

<刺激物(香辛料など)>

よく辛いものを食べる人は、それが口の粘膜を刺激し続けるため癌を発症しやすくなると言われています。

<慢性的な刺激>

熱いものでよく舌を火傷する、とがった歯や歯並びからずれた歯が舌を刺激している、合わない入れ歯を使用している、などの慢性的な刺激が癌を起こしやすくすると考えられています。

2

各先進国では、口腔ガンの早期発見に力を入れています。その結果、先進国の中で、口腔ガンの死亡率か増加しているのは日本だけです。

アメリカでは口腔検診が習慣化されており、受診率は80%となっている一方、、日本の受診率は2%。

口腔ガンやその検診に対する国民の認識がほとんどないという結果です。

3

まずは、時々でもいいので、鏡で自分の口の中の粘膜もチェックしてみましょう。そして、舌癌を含むお口の中の癌は、歯科医院で虫歯治療で通っている時など、自覚症状なく予期せぬ時に歯科医師によって発見されることも少なくありません。やはり専門家にかかっていることで異変を見つけてもらいやすいのです。お口の中全体の健康を守る上でも、歯科医院で定期的にお口のチェックをしてもらうのはとても意義のあることと言えるでしょう。

4

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。