子どもの口腔機能を育む食事指導

幼児期の食事・食生活の重要性とは

幼児期(2歳児、3歳児、4歳児、5歳児)は、乳児期に次いで最も身体発育が著しい時期で、2才から5才の間で体重は約2倍、身長は約1.5倍にも伸びます。そして、食事・食生活の基礎ができる大切な時期でもあります。

 

ムシ歯ができた、歯並びが心配など歯科での主訴が多いのが現状です。治療することも大切ですが、歯や口を大切にしてほしい本当の理由は、身体を維持、成長させるためにきちんと食べられる機能を育てることです。

 

幼児期(2歳児、3歳児、4歳児、5歳児)の食事で重要なポイントとは?

「子どもの成長は、6歳までの食事で決まる」という学説があるほど、この時期に何をどのように食べさせるかによって、その子の将来の食生活が決まると言われています。ではどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

1規則正しい食事習慣

1日の中でも食事の時間を決めることは身体に消化・吸収のリズムをつける意味でもとても大切なことです。

食事と食事の間をきちんと空けることで、おなかが空きますので次の食事をよりおいしく食べてくれます。

名称未設定1

2食経験を増やす

この時期は活動量も成長も著しい時期ですので、エネルギー源となるごはんと体の土台となるたんぱく質(肉や魚など)が不足しないように注意が必要です。

いっぱい食べてくれるからと言っていつも子どもが好きなものばかりを並べていては、どうしても単調な食事でバリエーションが増えません。この時期から大人同様、様々なものを食べることで「食経験」が積み重ねられます。

そして食経験が豊富になることで味覚の幅もぐっと広がり、食べられるものも自然と増えるのです。

名称未設定2

幼児が苦手な食材

ペラペラしたもの⇒レタス、ワカメ

皮が口に残るもの⇒豆、トマト

硬すぎるもの⇒かたまり肉、エビ、イカ

弾力のあるもの⇒コンニャク、カマボコ、きのこ

匂いの強いもの⇒にら、しいたけ

などなど、奥歯がそろってない幼児期にとって、食材をすりつぶすことが出来ず口の中で上手に処理できません。

食べやすい方法を色々と工夫をして食卓に出すことが必要になります。

名称未設定3

問題はおやつです!

おやつ=お菓子と思われがちですが、、

おやつは3回の食事で補いきれない栄養素を補うためのものです。

幼児期(2歳児、3歳児、4歳児、5歳児)は身体が小さい割には多くのエネルギーが必要となります。それは活動量が多きことに加えて、体もぐんぐん成長しているからです。例えば、3~5歳の子供は1日に必要なエネルギー量が1200~1400kcalとされています。(大人は2000kcal前後です。)

しかし、1日3回の食事では補え切れない場合もあります。

そんな時はぜひ「おやつ」を取り入れてください。

エネルギーが足りてなければ、おにぎり。ビタミン、ミネラルが足りてなければ、野菜や果物など与えるといいでしょう。

味覚は年齢とともに発達します。幼児期から甘い砂糖の味を覚えてしまうと、本来の味がわからなくなり、おいしさの範囲が広がっていきません。

3歳までは砂糖は避けることが理想です。

名称未設定4 名称未設定5

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。