歯茎が下がる・痩せるのはなぜ?

歯茎が下がる・痩せる原因とは?!

①加齢・・・歯茎は一般的に10年で2ミリ程度下がると言われている

②歯周病・・・炎症が進み、歯茎下がりが起こり、最終的には歯が抜けてしまう

③間違ったは歯磨き・・・力強く磨いて歯茎が削れてしまったり、歯間ブラシを無理に

通そうとしてしまう行為も歯茎を痩せさせる原因

④嚙み合わせ・・・一部の歯が強く嚙み合わさっている場合、その部分の歯茎が痩せて

歯根が見えてくることもある。歯ぎしりなども原因

1

歯茎下がりチェック表

□前歯の歯と歯の間に隙間ができている

□歯と歯茎の境目を見ると、歯の色が違う

□歯の隙間があり、喋るときに空気が抜けていく感じがある

□「さ・し・す・せ・そ」が発音しにくい

□最近、冷たいものがしみやすい

□食事のあと、必ず食べ物が歯の間に詰まってしまう

 

※2つ以上当てはまるものがあれば、歯茎が下がっている可能性あり!!

 

歯茎下がり・痩せるのを予防する方法 ハミガキ

①夜寝る前は必ず歯を磨く

まず、第一に、歯周病の進行を防ぐことが大切!

そのためには、就寝前には必ず歯を磨き口内の細菌の増殖を抑える

 

②正しい歯ブラシの選び

「柔らかいもの」「小さなヘッド」のものが最適

歯ブラシは1~2カ月を目安に新しいものと交換を!

歯ブラシはペンを持つような持ち方が、余計な力が入らず丁寧に磨ける

 

③歯茎を支える歯槽骨に必要な栄養素を積極的に摂取する

カルシウム、その他ミネラル、ビタミンCをはじめとしたビタミン類

コラーゲンを意識的に摂取することで歯茎の健康を守ることができる

 

 

 

食事で予防しよう!

歯茎の再生や健康なピンク色の状態を維持するためにもビタミンC、Eの積極的な摂取

〇ビタミンCを多く含む食品  2

果物・・・オレンジ/リンゴ/レモン/キウイなど

野菜・・・ピーマン/キャベツ/トマト/カボチャなど

 

〇ビタミンEを多く含む食品 3

木の実・・・アーモンド/落花生など

魚卵・・・イクラ/タラコなど

 

 

奈良県 大和高田市の歯科・矯正歯科

ふかみ歯科・矯正科クリニック

香芝市・橿原市からも多数来院されています。