1歳から3歳の子供の歯のケア

乳歯が生え始めてから生え揃う間の歯のケアは、その後のお子さんの歯とアゴの発育にとても重要になってきます。その間のケアの方法やコツを、今回はご紹介します。

歯磨きの習慣は一生の財産

1歳から3歳までの間は、歯が生え揃い始め、言葉もわかるようになる年頃です。歯を磨く習慣を身につけるには、丁度良いタイミングと言えるでしょう。お母さんも一緒に歯磨きの練習を始めてあげて、親子のスキンシップも測りながら行いましょう。乳児の歯磨き1

1歳〜2歳

1歳頃から奥歯が生え、いろいろなものが食べやすくなります。奥歯の噛み合わせの部分は溝が深く、そこに汚れがたまって虫歯になることがとても多く、しっかりとしたケアが必要です。毛先を垂直に立てて、奥から手前に掻き出すようにして磨いてあげましょう。

2歳〜3歳 

歯がだんだん生え揃う時期です。少しずつ自分で歯をきれいにする習慣を身につけてあげましょう。まずはうがいからスタートして、少しずつ歯磨きも練習するようにします。もちろん、一人でちゃんと磨くのは難しいので、仕上げ磨きをしっかりとしてあげましょう。

定期検診を受けましょう

乳児と歯科の関わり1

定期検診をすることによって、虫歯の有無をチェックすると同時に、フッ素を塗ることで虫歯になりにくい環境を作ることができます。

子供の歯はとても弱いため、ほんの少しの磨き残しでも虫歯になってしまうことが少なくありません。

“歯医者さん嫌い”にしないで過度な恐怖心を与えないように注意し、日頃から定期検診で歯を磨きに歯医者へ通っていれば、いざ虫歯ができたときにもきちんとした治療ができるでしょう。

歯医者嫌いをつくらない為に1

よく、「歯を磨かないと、痛くてこわーい歯医者さんに連れて行くよ!」なんていう風にお子さんを怖がらせてしまう方がいらっしゃいます。これでは、本当に虫歯になってしまったときに、治療がとても難しくなってしまいます。子供はいつでも本気ですので、真剣に治療を拒絶されてしまうと、適切な治療ができないこともあります。

奈良県大和高田市
医療法人 橙花会 ふかみ歯科・矯正科クリニック