果物アレルギーについて

ビタミンや糖が豊富な果物。ジュースやケーキ、ゼリーなどで食べる機会が多い果物ですが、アナフィラキシーなどのアレルギー症状を引き起こすことがあります

はち

※アナフィラキシーとは、急性の全身性かつ重度なⅠ型アレルギー反応の1つで、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により起こります。

症状は、多尿・呼吸困難・低血圧・脳炎・失神・意識不明・蕁麻疹・血管性の浮腫・嘔吐などがあります。

りんご

▷ある果物を食べた直後に、唇や舌、口の中が腫れたり、イガイガする痒みがあらわれたりする症状を

『口腔アレルギー症候群(OSA)』と言います。

花粉症の患者さんに起こりやすく、

特にシラカバの花粉症の人に口腔アレルギーが多いと言われています。これは、花粉に似たタンパク質を含む果物を食べたときにアレルギー症状が引き起こされます。

▷種類として、

シラカバ花粉→りんご、サクランボ、アーモンド、キウイ、マンゴーなど

ブタクサ花粉→メロン、スイカ、キュウリ、バナナ

イネ科→トマト、オレンジ、ピーナッツ、キウイ、メロン

などの組み合わせがあります。

 

しかし、果物アレルギーの全てが口腔アレルギー症候群で発症するわけではありません。アナフィラキシー症状をともなう場合もあるので注意が必要です。

フルーツ

奈良県大和高田市
医療法人 橙花会 ふかみ歯科・矯正科クリニック